ボールをカゴに入れて、賞金をゲットしよう!

バスケットボール専門スクール〈benchwarme〉

バスケットボールをプロから学べるところをお探しなら、benchwarmeにおまかせください!ここは、あらゆるレベルのプレーヤーとコーチを対象としたバスケットボール専門スクールです。当スクールの最大の目標は、コーチング能力に優れた講師が、生徒の皆さんにできる限り多くの知識とスキルを提供することで、それぞれが掲げた目標をすべて達成できるようにすることです。開校してからおよそ25年間が経とうとしていますが、これまでに見たこともないような優れたバスケコーチを雇い、最強の講師チームを結成することで、幅広いニーズに対応してきました。

日々のトレーニング内容は、プレーヤーが潜在能力を最大限に発揮できるよう、コンフォートゾーンを超えることに重点を置いています。一対一のプライベートレッスンでは、プレーヤー自らの要求に合わせて特別に行われますので、興味があればぜひお申し込みください!

創設者の紹介

当スクールの創設者は、元プロバスケットボールコーチである藤森治氏です。同じくプロバスケボールクラブのコーチとして活躍し、現在は、コメンテーター兼解説者として活躍している藤森利明氏の息子です。藤森治氏は、その優秀な学歴とバスケットボール成績を生かし、当スクールにてあらゆる年齢とスキルレベルのプレーヤーを指導しています。

2006年以来、バスケットボールコーチとして、そしてトレーニング&デベロプメントインストラクターとして活躍し続けている藤森氏が最も大切にしていることは、エビデンスに基づいたトレーニングプランを提示し、トレーニングへのやる気を向上させることです。アスリートのやる気を向上させることは、結果的に、スキルを向上させることにつながるからです。

コーチの紹介

川田圭司コーチ – 元国際バスケットボール選手である川田コーチにとって、コーチング業界に進むことは理にかなったキャリア変更でした。バスケットボールと動作原理を専門としていますが、あらゆるスポーツとフィットネスに興味があります。
澤谷修司コーチ – 幼い頃からスポーツ全般に強い関心を持ち、10代前半の頃には、できる限り多くのスポーツに挑戦してきました。

高校卒業後は、大学でバスケットボールとそのコーチングについて学び、バスケットボール指導者の道へと進みました。天野哲也コーチ – 大学在学中に、バスケットボールのコーチングを始めました。卒業前には、本格的にプロのコーチを目指しはじめ、卒業論文もコーチングを取り上げました。生徒さんの成長は自分の成長だと考え、責任を持ってコーチングに励みます。

受講者の声

O.T.さん – このバスケスクールは、とてもプロフェッショナルな環境です。コーチは熱心に指導してくれますし、プレーヤーは新しい考え方や自信を身につけて帰っていきます。バスケをしている人全員に強く勧めたいです。

Y.M.さん – バスケをまだし始めたばかりの娘にとって、いきなりスクールに通うのは不安でしたが、責任感のある担当コーチの方がマンツーマンで指導してくれました。プロのプレーヤーさんもたくさんいますが、初心者でもあたたかく歓迎してくれました。S.Y.さん – 担当してくれるコーチからは多くのことを学べるし、ただ一緒にバスケをするだけでもいつも楽しいです。ここで練習を続けていけば、今よりもずっと上手くなるという自信があります。

おすすめ記事

ゲーム『Basketball Pro Slot』の徹底レビュー

ゲーム『Basketball Pro Slot』の徹底レビュー

『SLAM DUNK』ファンの皆さん、Caleta Gaming社がリリースしたゲーム『Basketball Pro Slot』はもう試されましたか?勝ち方が243通りもあるこのスロットゲームは、若いながらも注目を集めている新興企業が発表したばかりの期待の新作であり、筆者自身も早くプレイを試してみたい!とリリースを待ちわびていた一人です(笑)。転がるリール、積み重ねられたワイルドシンボル、エキサイティングなボーナスゲーム、さらには、3万ドルのジャックポット配当が待ち受けているそうで、これは久々に大ヒット作が誕生しそうな予感がしています!

バスケットボールで飛躍的に上達させる4つのコツ

バスケットボールで飛躍的に上達させる4つのコツ

バスケットボールは、他のスポーツと比べて、非常に競争の激しい競技です。プロバスケットボールの試合ともなると、他の試合ほど挑発や罵り合いは起きないかもしれませんが、それでもプレーヤーは注目度と名声を賭けているので、一戦一戦がベストを尽くさなければならない大切なゲームであり、いつも熱い戦いが繰り広げられます。日々の地道な練習こそが、大事な瞬間での成功につながることは間違いないでしょう。